SMIGスタートアップ懇親会 参加者募集中!

≪在日外国人に聞いてみよう!≫
【どうしよう!外国人患者だ!!】そう思ってしまう医療従事者の皆様へ。

外国人の患者さんが入ってくるとドキッとしてしまう医療従事者の方も多いのではないでしょうか?日本は、島国でクラスメイトは全員日本人という環境で育った方が多い国なので、外国人の方に慣れていない方が多いのは当たり前です。
でも、労働人口の減少などの影響により、今後、もっと外国人の方が増えて行くでしょう。簡単な英語と日本語の対応で、85%以上の外国人患者さんの対応は問題なくスムーズに行えるといわれています。外国人の方に適切な対応できる医療従事者の方を都心でも地方でも増やしていきたいというのが、本ページを運営している私の願いです。

さて、静岡で開催する研修会兼懇親会のお知らせをさせて頂きます。
業種により、医療現場で使う英語も異なるため、学んだことをダイレクトに仕事に活かせるよう、業種ごとの研修会となります。
(看護師向け)3/21(木・祝) 10時~
(事務員向け)3/21(木・祝) 13時~
(医師向け)3/24(日) 10時~
(薬剤師) 3/24(日) 13時~

=研修の内容==================
●演題1:取り巻く環境を知ろう
・静岡在住の外国人人口推移
・外国人の声 ~医療機関で困ったこと~
●演題2:明日から外国人患者のためにできる事
・医療機関のグローバル化をすすめている施設の事例紹介
(高山赤十字病院、静岡市内クリニック・薬局など)
・すぐに使える参考ツールの紹介
(多言語問診票、翻訳アプリ、海外の薬の検索方法など)
●英語研修(外国人講師):職業別 医療現場で使える英語フレーズの学習&ロールプレイ練習
●質疑応答・自由ディスカッション

【外国人講師:Durba】
英語講師。静岡在住の一児の母。
研究員である配偶者の仕事の関係で世界各国を転勤して生活。子供がまだ幼く、
急な発熱や体調不良時、医療機関にかかるが、そこで、苦労したり、困ったりした事があった。
本活動に賛同し、外国人講師として協力。台湾人・日本人等へ英語を教えた経験も
豊富で、丁寧で分かりやすい講師として評判。

【演者:八木】
薬剤師。大学卒後、医薬品の開発業務に携わり、渡米をきっかけに退職。
米国滞在中、体調を崩し、医療機関で言語や費用面の不安から強いストレスを感じた。
帰国後、薬局に勤務、現在に至る。静岡在住外国人も以前の自分同様、
病気やケガの時に苦労している事を知り、外国人患者・医療従事者間のバリアフリー化を目指して活動。
======================

英語が好きな方も、苦手な方も。
実際に外国人患者対応で困った事がある方も、ない方も。
病院勤務、クリニック勤務、薬局勤務のどんな業種の方も、お気軽に、お友だちや同僚をお誘いあわせの上、お気軽にご参加ください♪♪